TECHNOLOGY×文化財調査

工事にすぐ着工できる環境を作る

なぜラクロを選ぶのか?

埋蔵文化財は自然や文化、過去の知識を守るため
埋蔵文化財包蔵地として管理されています。その包蔵地内で開発を行うためには、発掘調査を行いその成果を整理し報告する義務があります。

その過程を守らなくては工事に着工することはできません。

株式会社ラクロ(RACRO)はスタッフひとりひとりの技術を基盤として
最新のテクノロジーや機器に挑戦し、効率的に業務を行います。

歴史から新たな街づくり
皆様の新しい環境の基盤となるように。

TECHNOLOGY×文化財調査

古きを重んじ新しきを知る。
最新の技術に挑戦することが発掘調査の未来を築く。

出土品を調べるためには多くの時間がかかります。その時間を少しでも早くするために最新の3Dスキャナを導入し調査をより正確に・効率的に行い、自社サーバや社内システムを使用しコミュニケーションをより快適に・迅速に行います。

3Dスキャナ

調査作業の効率化を図るため3Dスキャナを導入。人間では不可能な細かい計測をより早く可能にします。

自社サーバ、社内システム

社員間コミュニケーションを最適化。自社のサーバやシステム導入し情報の共有を効率的にします。

RACRO SERVICE

埋蔵文化財発掘調査

文化財保護法に基づき各種届け出を行い、遺跡を記録し保存することを埋蔵文化財発掘調査といいます。
株式会社ラクロ(RACRO)では上記作業の全ての業務を一貫して行うことができます。

詳しい内容や調査費、期間などの詳細はお気軽にご相談ください。

詳しく見る arrow
埋蔵文化財発掘調査の風景

調査報告書作成

発掘調査に伴う遺物の洗浄・注記・接合・実測・拓本・写真撮影、遺構図・遺物のデジタルトレース、原稿執筆などの各種整理作業を行い、報告書にまとめ発行します。

詳しく見る arrow
埋蔵文化財発掘調査の風景

3Dデータ作成

専用の3Dスキャナを使用し出土品を立体的かつ精密に保存することが可能になります。これにより作業が効率化され計測のずれやミスを防ぐことができます。また、出土品を画面上で自由な角度から確認することが可能になります。

出土品以外の3Dデータ化などもご相談ください。
3Dデータ作成

contact

みなさまの空間のお困りごとをお聞かせください。

    お名前

    メールアドレス

    お電話番号

    お問い合わせ内容